送料無料・代引き手数料無料キャンペーン実施中!

海外発送/国際配送サービスの転送コム
海外発送/国際配送サービスの転送コム

足袋から靴下へ、時代とともにカタチは変わり、お客様が求め
られるものは変化しても、滾々受け継がれるものづくりに対
する情念とお客様第一主義の精神を変わることなく持ち続け、
常に時代の一歩先を行く価値と福助品質を継承し進化してまい
ります。

福助とは

日本の伝統的なレッグウェアである"足袋"の装束店として創業した福助は、
現在では日本を代表するレッグウェア企業の一つとなりました。
永年の経験から培われた高度な技術により、高い品質と洗練された
ファッショナブルな製品をお求めやすい価格で提供しております。

足袋の歴史

1895年(明治28年)
当時、足袋は手縫いが当たり前(手縫い以外では足袋の二股のカーブがきれ
いに縫えないと考えられていた)の時代。福助は足袋専用のミシンを開発す
ることに成功。大量生産化を実現しました。そして、その足袋は手縫いにも
勝る強度と安定した品質、適正な価格で多くの人々の生活を豊かにすること
に貢献してまいりました。

靴下の歴史

1934年(昭和9年)
世の中が大きく変化していた時代、福助は『足を守る』という精神から時代
の先を読み、ソックスの企画生産をスタートしました。当時から履き心地だ
けでなく、色、柄にもこだわりを持ち、「真心こめて」をモットーに品質の
良い製品づくりに努力を重ねてまいりました。履き心地の良さを更に求め、
初めて履き口部分にゴムを編み込む技術(実用新案)を考案し商品化に成功
しました。
足袋から始まり、創業以来続けてきた革新と独創的な発想による商品開発を
継続してきたことにより、1947年(昭和22年)には、昭和天皇が福助の靴下工
場にご来駕賜りました。 

創業依頼受け継がれている福助のものづくり精神の継承と進化
福助とは 日本の伝統的なレッグウエアである足袋を装束店として創業した福助は、現在では日本を代表するレッグウェア企業の一つとなりました
足袋の歴史 足袋は手縫いが当たり前の時代。福助は足袋専用のミシンを開発することに成功、大量生産化を実現しました。
靴下の歴史 福助は足を守るという精神から時代の先を読み、ソックスの企画生産をスタートしました。